浄化槽詰まりの対策と評判の水道業者

■浄化槽の詰まりの原因

浄化槽の設置されている家庭も多いですが、トイレで水を流した際の汚水を処理することができます。もしこの部分でつまりが生じてしまうと、トイレが使えなくなってしまいます。さらに、そのまま放置していると悪臭が発生するなど衛生状態の悪化も懸念されます。なぜ詰まってしまうのかの原因で一番多いのが、流してはいけないものを水洗してしまうからです。まずは水に溶けないものを流さないように注意しましょう。トイレの場合多いのはティッシュペーパーやたばこの吸い殻、おむつなどが挙げられます。トイレにはトイレットペーパーと排泄物だけを流すように心がけたほうがいいです。ちょっと流すだけなら問題は起きないかもしれませんが、繰り返すと積もり積もって詰まりを誘発する危険性があります。
近年マンションなどでもペット可の物件も増えています。家族連れも一人暮らしも幅広い世帯でペットを自宅で飼育している傾向が見られます。ペットを飼っている人の中で、排せつ物を自宅のトイレに流しているという人は要注意です。もしそうであればこのまま続けると、浄化槽が詰まってしまうかもしれません。特に犬や猫の排泄物は人間と比較すると繊維質が強めです。このため、水に溶けにくい性質があります。その結果、浄化槽がつまってしまい水のトラブルを誘発させかねません。

■トラブルが起きたら水道業者に連絡を

もし浄化槽が詰まってしまったのであれば、水道業者に速やかに連絡することです。ほかの排水管であれば、素人でも対処できるものもあります。しかし浄化槽の場合、素人には直すのが難しい場所といわれています。ただし本当に詰まっているかどうかの確認は可能です。それはトイレから伸びている排水管を調べます。屋外に排水管のふたがあります。こちらを開けて中をチェックします。もし異物が見つかったら、こちらを取り除きます。ただし手直接触ることは衛生上問題がありますから、清掃道具を持ってきてかき出す、もしくはホースを入れて水を流し、その水圧で異物を押し出す方法がおすすめです。もしこの方法で異物を取り除くことができれば、詰まりの問題も解消されるでしょう。
排水管を見たけれども、原因となるものが見つからない、自分たちで除去できない場合には水道業者に連絡すべきです。どこに連絡するかですが、ネットの口コミサイトなどを見て評判のところを見つけるといいです。評判のチェックのほかにも、バキューム対応しているところを探すのもポイントです。バキュームが必要なケースはスカムや汚泥が詰まっている場合です。スカムとはトイレットペーパーや排せつ物が沈殿したものを指します。バキュームを持っている水道業者であれば、浄化槽の掃除にも対応しています。詰まっている前の段階で定期的に清掃を依頼すれば、トラブルの発生も予防してくれます。詰まったままの状態で放置していると汚水があふれ出してくることもありますから、早めの対応が求められます。この作業の料金ですが、地域によって差があります。そこで自分の住んでいるエリアの相場はどのような感じか、情報収集しておくといいでしょう。

■詰まり予防の方法
浄化槽が詰まってしまったら、評判の水道業者に連絡するといった流れが基本となります。素人が直せるような簡単な場所ではないですし、トイレには排泄物が溜まっているわけですから、自分でやるとなるとかなりの覚悟が必要です。こうなってしまったら業者に速やかに依頼する必要がありますが、常日頃から使い方に注意すれば予防は可能です。
トイレを使用するときには、水を流す際には十分な水量を確保しましょう。水圧が強ければ、排せつ物などをしっかり流せますから配管の途中で止まってしまうような事態も回避できます。また掃除をする際には、薬用アルコールを使用するのがおすすめです。消毒やカビの発生を抑制するためです。中には、カビ取り剤や漂白剤を使って掃除している人もいます。しかしこれらの薬剤には、浄化槽内で生息している微生物に影響を与える成分が含まれている可能性もあります。
キッチンや洗濯機の使い方にも気をつけましょう。キッチンで野菜くずや天ぷら油を排水溝にそのまま流していると、これが異物にいずれ変身しかねません。掃除をする際には中性洗剤を使用するように心がけましょう。洗濯機を使用する際には、塩素系漂白剤を含まない洗剤を使用するのがおすすめです。無リン系や中性洗剤などで洗浄すれば、浄化槽の詰まりを予防できます。
本体に対するメンテナンスとして、微生物に影響が出るので周辺では殺虫剤を使用しない点は注意しましょう。また槽内に空気を送るブロワがあります。このブロワの電源は絶対に切らないように心がけましょう。いずれも微生物を殺さないための対策です。またマンホールのカバーはしっかり締めるように心がけましょう。さらにいつでも点検や清掃ができるように、マンホールの上にはできるだけ物を置かないのも有効な対処法と考えられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ