水道修理は元栓や止水栓を閉めて対処

■こんな症状が起きたときにはパッキンを交換

蛇口から水がポタポタと垂れている、レバーもしくはハンドルをしっかりと閉めているにも関わらず水がにじみ出てくるときには水道修理が必要です。そのような状況下では漏れる水量が少ないため、下にバケツなどを置いて水を溜めそれを再利用するなどの方法もありますが、この水量が日を追うごとに増え事態が悪化する前にパッキンの交換を試してみましょう。
蛇口からの水漏れは、パッキンの経年劣化が要因となっているケースが多いです。経年劣化により生じた隙間から水が漏れて来ることが多いため、新しい部品に交換することで状況は改善されます。レバーやハンドルを取り外すと、内部にパッキンが見えるのでピンセットなどを利用して取り出します。その後新しいものを装着して組み立てれば修理は完了です。
キッチンや洗面所のシンク下での水漏れの場合も、パッキンの劣化が原因である場合が多いため、パッキンが原因で水漏れしている箇所がひとつでも見つかったときには、他の設備で使われているパッキンも念のためまとめて確認して、必要であれば交換するようにしておきましょう。使われている場所は、浴室やトイレの手洗いなど広範囲に渡るため、作業そのものは簡単であっても手間や時間がかかることから評判の良い業者へ依頼してしまうのが便利です。シンク下で漏れる水は汚水であるため、何かを収納している場合は早めに対処するようにしましょう。

■水道の修理を行うときには止水栓を閉じましょう

蛇口を分解するときは、止水栓を閉じることが大切です。これは給水を停止することができる設備の総称で、水道設備毎に設置されています。給水を停止する方法として、元栓を閉じるやり方もありますが、これは住居への給水を停止する目的の栓になるため、閉じてしまうと敷地内のすべての蛇口から水が流れなくなります。仮に、キッチンの蛇口のパッキン交換を行う際に元栓を閉じてしまうと、トイレを使い終えたあとに水が流れなくなる、浴室からも水が流れなくなってしまうなど不便な状態になってしまいます。
修理する場所ごとに設けられた止水栓を閉じる方法であれば、他の水道設備には影響を与えることはありません。修理時には設備毎に割り当てられている止水栓を閉じるようにしましょう。例えば、キッチンや洗面台であればシンク下の収納庫の部分などに設置されているケースが多く、ハンドルがついている部分が止水栓です。トイレの場合は、タンク近くの給水管の部分に設置されており、マイナスドライバーなどを使って開閉します。蛇口の修理を行う場合、止水栓を閉めてから蛇口をゆっくりと開け、水が出てこないことを確認してから取り掛かります。
止水栓が動かないときや止水栓自体から水漏れが生じている場合などは元栓を閉めて修理にあたります。浴室やトイレはネジ式であり、古くなると水道水に含まれる成分によりネジが固まってしまい動かなくなる場合があるのです。止水栓の部分から水漏れが起きている場合も、パッキン交換を行うことで水漏れは抑えられますので、予め元栓を閉じて水栓金具を分解してから新しいものに変えるだけで対応できます。

■手間も時間もかけたくないときにはプロに依頼しましょう
蛇口をはじめ排水管のパッキン交換は素人でもできないわけではありませんが、交換する部品の入手に手間取る可能性はあります。また、分解および組み立てを行うときには適切な工具が必要になってきます。そうした作業に不慣れな場合は時間もかかりますし、修理するつもりが逆に故障させてしまうなどのリスクもないわけではありません。こんなときには水道修理のプロである専門業者に依頼するのが最適です。
少し前までは、電話帳を利用したり、ポストに投函されているチラシを頼りに依頼先を選んでいましたが、現在ではインターネットを使うことで簡単に適切な業者を見つけることができます。ただ、優良な業者ばかりではないため見極めが必要になってきます。口コミ評判なども、細かくチェックしておくと安心です。
提示されている金額が低めであると、それだけで好印象を抱きやすいですが、料金は実際に見積もりを依頼してみないことにはわかりません。適切な金額というのは、数社への見積もりを依頼することで初めて分かります。一般的には、ホームページに料金表が掲載されているものを比較して、金額の違いを見て低料金であるのか否かの判断を行います。
料金表が明記されているだけでなく、料金表がわかりやすく掲載されていること、見積もりの際にもホームページの料金表に準じた形で作成が行われる業者が理想です。現場での状況確認を行うことで正確な見積もりが作成できるため、料金表に掲載されている項目以外の費用が発生する可能性があるということを理解しておくようにしましょう。また、見積もりの内容について、素人にもわかりやすく説明をしてくれる会社が良い業者と言えるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ