水道の蛇口からポタポタと落ちる水漏れを自分で修理する方法

■水栓のタイプそれぞれの特長と仕組み

頻繁に起こりやすい水回りのトラブルに、水道の蛇口からの水漏れがあります。ポタポタと滴る程度でも、放置しておくと水道料金にも影響しますので、できるだけ早く対処しておきましょう。同じ建物内でも、各水回りで蛇口の形状は異なります。大きく分けると4種類の水栓が存在するため、水漏れ修理をする前に、現在使用している種類を確認しておいてください。
単水栓は古くから使われているタイプで、蛇口と言えばこの単水栓をイメージされる方がほとんどです。ハンドルを左右に回すと中のスピンドルが上がり、水を出す仕組みです。2ハンドル混合栓は、水を出す仕組みとしては単水栓と同様ですが、お湯と水の2つのハンドルを調節して温度と流量を加減するという特長があります。単水栓、2ハンドル混合栓の2種類は、自分で修理しやすいタイプの水栓です。
シングルレバー混合水栓は、1つのハンドルで温度や流量を調節できる水栓で、操作性に優れ片手でも作業しやすく、キッチンや洗面台に使われているタイプです。サーモスタット混合栓は、自動温度調節機能があり、水の温度や水圧が急に変化しても、ほぼ設定温度を守ったまま吐水できるタイプです。左にあるハンドルを回すとバルブが動いて温度を調節することが可能です。右側のハンドルでスパウト、シャワーの切り替えと吐水・止水を操作します。シングルレバー混合水栓とサーモスタット混合栓の2タイプは複雑な構造をしており、素人がDIYで修理するのは比較的難しいと言えます。知識がない、または自信がない方は専門業者からメーカーに相談する事をお薦めします。

■単水栓の水漏れを直す方法

蛇口の先から水が漏れているときは、中にあるコマパッキンの劣化が疑われますので、部品交換を行いましょう。ゴム製のパッキンのみを新しく交換するだけでトラブルが解消する事もあります。ここで節水ケレップに交換すると、水量を抑えて水道の節約もできるためお薦めです。
作業前には交換用のケレップを用意し、必ず止水栓を閉めて水が出るのを止めておきましょう。ハンドル下にあるナットを緩めてハンドルを外したら、ピンセットなどを使ってコマパッキン、またはパッキンを取り外して交換してください。再びナットを閉めて固定したら、止水栓を開けて水を出し、水漏れが解消されたか確認しましょう。この時にナットを固く閉め過ぎないよう注意が必要です。
単水栓のハンドルの根本あたりから水漏れしていれば、ハンドル下のナットの内側にある三角パッキンの劣化が原因と考えられます。この場合もナットを緩めてハンドルを外し、中のパッキンとワッシャーを交換する事で解消できます。水を出している時だけパイプの根本からポタポタ水が落ちる場合、パイプの接続部分のナットに使用されるUパッキンとリングに問題があります。ナットを緩めてパイプを外し、パイプパッキンセットを交換しましょう。
このように、単水栓の不具合のほとんどは自分で修理する事ができます。ただ、古い製品になるとパーツが手に入らないこともありえますので、まずは型番やサイズをチェックし、部品を購入する事ができるかを確認する必要があります。作業を行う際には側にバケツや雑巾を置いておくと、水が漏れた時にも安心です。

■2ハンドル混合栓の水漏れを直す方法
2ハンドル混合栓のハンドルを固く閉めても蛇口から水漏れする場合、単水栓同様にコマパッキンがトラブルの原因と考えられます。交換してもトラブルが解消されない時は、コマパッキンの上に取り付けられているスピンドルの不具合である可能性が高いです。コマパッキンもスピンドルも問題無ければ、蛇口そのものの交換が必要となります。
ハンドルを回した時に根本から水漏れするケースでは、ハンドル内にあるパッキンを交換すれば修理できます。まずはマイナスドライバーなどの工具でハンドル上のキャップとその下のネジを取り外します。すると中にカバーナットと三角パッキンがありますので、新しい部品と交換してください。外す時の逆の順で部品を戻せば修理完了です。止水栓を開いて水を流し、漏れが止まっている事を確認しましょう。
2ハンドル混合栓の場合、シンプルな構造の単水栓よりも接続箇所が多くなります。その為、本体とハンドル下後部に繋がる偏心管との間も水漏れが発生しやすいです。この場合は偏心管パッキンを用意し、ナットを緩めて本体を外して部品交換を行ってください。
このように、どんな水栓も接続部分にはパッキンが使用されていますので、パッキンの劣化が原因で水漏れが発生するケースは多くあります。材質上パッキンは時間の経過と共に劣化しますので、定期的なメンテナンスが必要です。シングルレバー混合水栓やサーモスタット混合栓でも、近年は自分で修理される人が増えています。その一方で失敗するケースも目立ちますので、水道に関する正しい知識を身につけ、それなりに技術も必要である事を理解しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ