場所による蛇口の水道トラブル紹介と修理を防ぐための豆知識

■シングルレバー混合水栓の水道修理作業

1本のレバーハンドルを上下して水道を出すタイプのシングルレバー混合水栓が、主に台所や洗面所で使用されています。
水道使用の際に、蛇口本体の部品の隙間から水漏れがあれば、パッキンが老朽化している可能性があります。パッキンを自分で交換する場合は、まず水道の元栓を閉めてから蛇口を分解していきます。レバーハンドルはネジで固定されているため、ドライバーで外すことができます。その後、下の部品を取り外していきます。この際に、モンキーレンチを使用してナットやボトルを緩めるようにします。水が出てくるスパウト部分まで取り外し、部品と部品の接続部分にはめられているパッキンを交換しましょう。そして、全ての部品を分解したときの逆の手順で戻して、作業が完了となります。蛇口を閉めている状態でポタポタと吐水口の先端から水滴が落ちる場合は、バルブが故障しています。パッキン交換と同様の手順で蛇口を分解し、故障したバルブを新品に交換しましょう。レバーハンドルが正常に動き、水漏れがなくなっていれば修理ができている状態です。
いずれの場合も、必ず同じ品番の部品を用意しましょう。説明書があれば、作業前に良く読んでから行うと、スムーズにできます。ただし、自分で修理をする際、品番やメーカーが分からないこともあります。水栓の根元や側面などに、メーカーのロゴマークの有無を確認しましょう。そのうえで、メーカーのホームページで修理の流れを確認する方法もあります。また、台所は機器全体が同じメーカーのケースが多いです。蛇口で把握できない時は、周辺を見渡してから、設備メーカーを調べるのも一つの方法です。

■賃貸物件で蛇口などの水道修理が必要な際にすること

賃貸物件で生活を送っている場合でも、水道トラブルは起こります。先ずは、管理会社に連絡を入れましょう。連絡先がわからない場合は、入居契約時に受け取った必要書類を確認すると良いです。管理会社が手配する水道業者があれば、そこで修理をしてもらう流れとなります。なお、深夜や早朝の場合で連絡を取るのが困難な場合は、自分で修理業者に手配しましょう。そのうえで、業者に原因などを記載してもらうようにすると良いです。入居時に24時間対応可能なコールセンターやサービス会社と契約をしている場合は、そちらを利用する方法もあります。
業者が来るまでに時間が掛かるケースもあります。トラブルを防ぐためには、応急処置として止水栓や元栓を閉め、その後管理責任者や大家さんに連絡をしましょう。洗面所やキッチンなどにある蛇口の止水栓は、下の扉を開けた奥の場所にあります。マイナスドライバーを用いて、時計回りで止めることができます。自分で応急処置を行う場合は、蛇口など水漏れをしている部分にタオルをしっかりと巻きましょう。次に、垂れてくる水滴を、バケツなどの容器で受け取れるようにすれば良いです。その際に、容器の下にビニールシートを敷くと、壁や床への浸水を防ぐことになります。二次被害を防ぐための対策も欠かせません。
建物自体は大家さんが所有していますので、住民が快適な生活をおくるために保つ義務があります。蛇口などの水道トラブルが発生した場合でも、部品の劣化が原因の場合は、大家さんが負担することになります。ただし、小修繕は、自己負担としている場合がありますので注意しましょう。

■蛇口の水道トラブルや修理を防ぐために心掛けておくと良いこと
蛇口の耐用年数は、概ね10年程度となっています。特にパッキンは内蔵されていて、普段の使用時の水圧によって少なからず負担が掛かっています。気になる症状が出る前に、専門の水道業者に定期メンテナンスをしてもらうと良いでしょう。
少量の水が蛇口から出続ける場合では、水道管から流れてくる錆が原因でトラブルが起こっていることもあります。特にお湯と水とに分岐されているハンドルタイプの蛇口ではサビが引っかかって止まりにくくなることがあります。長期間その状態で使用していると、パッキンが損傷してしまい水漏れが発生し、修理が必要となります。早めに専門の水道業者に、相談をしましょう。
パッキンの定期的に掃除を行うことでも、トラブル回避が図れます。ハンドルなどの部品を取り外して、その部分に重曹を振りかけます。30分ほど放置してから、歯ブラシなど磨けるものを用いて清掃を行います。それだけで、汚れの除去が可能で、長く使用できます。ドライバーやモンキーレンチなどの工具があれば、ナットやネジの緩みの見直しや締め直し作業も一つの予防方法として適切です。
日頃使用する際の注意点として、レバーやハンドルは強く締めすぎないようにしましょう。バルブやナットは、外部からの衝撃などで、緩みが生じたりしまり過ぎるケースがありますので、注意しましょう。不安な場合は、専門業者に定期メンテナンスを依頼すると良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ